エステサロンについてご紹介...

クールでかっこいいMT&WordPressテーマ 『エステサロン』のサイトへようこそ!
女性の美を追求するエステティックサロン。

「美しくなりたい」「いつまでも若々しくありたい」という女性の願望に応え、お肌や身体を健康的で美しく導いてくれる心の満足感と心地良さを与えてくれる場所です。

古くは18世紀のフランス社交界の女性たちからはじまり、日本でエステの存在が一般的に普及し始めたのは、高度経済成長期を経た1970年代からでしょうか。国民の生活が豊かになり、女性たちの「美」への関心が一気に高まって「自分を磨くこと」に目覚めたころだと言われています。



当初はフェイシャルが主な「美顔術」と言われるものでしたが、現在は時代の移り変わりと共に、女性たちのニーズに応える多種多様なエステが誕生しています。

エステの基本サービスと言えば、「フェイシャル」「痩身」「脱毛」などを思い浮かべる人が多いでしょう。

本来のエステというものは、自然医療から発展したもので、マッサージを中心とした技法で、新陳代謝を高めて美しくなれる効果が得られるものでしたが、今では超音波やスチーマー、遠赤外線、イオン導入、酸素導入、ゲルマニウム、EMS電流、脂肪吸引などを用いた美容機器を使用したエステが主流になっています。


エステを利用する目的も、単なる美しさを求めるだけではなく、心の健康と美しさを求める女性が多くなり、癒しとリラクゼーションを目的として利用している女性も増えています。

以前は若い女性の利用者多かったのに、今ではアンチエイジングのために利用する年配女性や美を意識した男性客も増えているというのも、エステサロンが多種多様化しているからなのでしょう。

ニーズの多様化に対応した豊富なメニュー、また敷居の高そうなイメージがあったエステ料金もお財布に優しいお手頃な料金が設定されていることも、エステ人気の秘密なのでしょう。



エステサロンに通い始めれば、鏡に映った自分の変化を実感できます。美しくなっていく自分に自信が持てるようになれます。そのためには、自分にピッタリのエステサロンを見つけましょう。


次のコーナーでは、エステ選びのポイントに触れてみます。

セルライトはエステサロンで!



エステ痩身Q&A

質問1
「早く痩身結果を出したいと考えていますが、サロンに通う頻度の目安を教えてください」

回答1
「痩身施術といってもさまざまなものがあり、個人によって合う合わないも当然出てきます。
現在主流のキャブレーション痩身やラジオ波痩身では多くのサロンで週1回から2週間に1回程度の施術を奨めています。
しかし、これはあくまで標準的なケースですので、脂肪がどの程度蓄積しているのか、体質がどうなのかによって大きく異なってくるでしょう。
しかし、スタートで加速して置いたほうが結果が出やすいのは痩身施術でも同様で、通い始めは週1回を週2回とするなど、ちょっと多いかなというぐらいの回数が理想的といえるでしょう。
いずれにしても、毎回施術後に担当のエステティシャンに痩身効果を確かめながら、回数を決めるのが一番です。

質問2
「ウエストラインがとにかく気になって、集中してお腹まわりだけ施術してほしいのですが、可能でしょうか?」

回答2
「太ももを美脚にしたいニーズと同じぐらい希望者が多いのがお腹まわりの引き締めです。スタイルだけでなくファッションを楽しむためにもウエストラインの脂肪を落とすことは誰しも願うものです。
痩身エステのなかには部位痩せに力を入れているところも多いですし、お試しということで一部位から施術を始めるという人もいます。
理想としては全身をトータルで施術してもらうことですが、費用や時間などの条件があるなら一番気にしているパーツから痩身施術をしてもらうと良いでしょう」

質問3
「エステサロンでの痩身施術というと高額な費用がかかるのではないかと心配です。大体の目安を知りたいのですが……」

回答3
「エステサロンにもさまざまなタイプがあり、ハイセレブな印象を与える高級店から若者に人気の大衆店、格安店まで幅広くなっています。
美容エステより予算が下回ることはありませんが、最近の価格競争の恩恵もあり10万円台から受けることは可能と思っていいでしょう。標準的な料金としてはおおよそ20万円から30万円のところが多い印象がありますが、希望する施術によっても大きく異なります。
痩身施術は長期間にわたるものですから、トータルでのコストを考えてサロン選びをすることをおすすめします」


インディバ痩身

「インディバ」といっても聞きなれないかもしれませんが、体の自然治癒力をうまく利用した痩身施術として専用サロンも開設されるなど静かなブームを作っています。

インディバとは機械名であり、痩身へのアプローチを体温アップに定めた施術方法です。良質な温泉のように体の芯から温めることで、内臓脂肪や皮下脂肪の温度を上昇させ、代謝を促すもので、深部加温と呼ばれています。

冷え症の人ほど太りやすいことはよく知られていることです。冬場はもちろんのこと、現代ではエアコンの影響で夏でも冷え症に悩まされる人が跡を絶ちません。靴下を何枚を重ね履きしたり半身浴をするなどの冷えとり健康法が人気なのも、体を温めることが心身の働きを安定させて、自然治癒力を高めるため、本来の体重に戻してくれることからといえます。

さまざまな病気の原因ともなる冷えに対して真っ向から解決に挑んだのがインディバ痩身施術です。高周波を巧みに利用できるよう開発されたインディバ痩身機器は、体温を最大5度程度までアップさせることもできたり、体の部位にもよりますが、さらに高い7度程度まで上昇させることも可能です。

深部加温がベースとなる痩身施術の実際としては、体全体に専用ジェルを塗った後、円盤のようなかたちをしている機器を施術部位に当てていきます。その結果、体温が上昇することで基礎代謝が高まり、健康の大敵である冷え自体が改善されるというコンセプトになっています。

インディバによる痩身効果としては冷え症改善のほか、むくみを減らしたり、しわやくすみをセーブしたり、セルライトを減少させスタイルキープに役立ちます。また、女性だけでなく男性にもおすすめな点は、中年男性に多いメタボリックシンドロームにも効果的だということでしょう。内臓脂肪や皮下脂肪を温めることでナチュラルに脂肪細胞へアタックすることができます。

冷えを和らげ代謝アップや疲労回復にもピッタリのインディバ痩身は、全身のトータルケアが主流となっているエステ業界においても注目される痩身法です。


ラジオ波痩身

ラジオ波とは高周波の一種です。キャブレーションのように振動を利用するようラジオ波を発生させ、施術部位に当てることで脂肪細胞内の水分に微細な振動を与えてる機器が開発されています。

キャビテーション痩身との大きなちがいは、ラジオ波のほうが皮下脂肪などの外部からは刺激を与えにくい脂肪細胞にアプローチができます。キャビテーション痩身はどちらかといえば皮膚に近い場所にあるセルライトと呼ばれる脂肪細胞への働きかけが得意といわれています。

ラジオ波を人体に与えると血流が良くなったり体温がアップしたりします。ちょうど電子レンジが目に見えない摩擦熱を利用しているのと似ており、ラジオ波痩身機器は熱による脂肪燃焼を目的としているといってよいでしょう。したがって、副産物的に冷え症が改善されたり体内の水分が減少するのでむくみが取れたりするケースも多く見られます。

ラジオ波痩身器の施術としては痩せたい部位に少しずつ当てていくというシンプルなものです。皮下脂肪が気になるお腹まわりのスリムアップによく使用されています。
施術後はその保温効果によって体全体がほのかにぽかぽかしてきます。やがて落ちつくもののラジオ波の痩身効果自体は長ければ半月ほども続きます。
これは、冷え症が改善されると代謝アップにつながりエネルギー消費量が大きくなって痩せやすくなるというのと同じ原理です。

なお、ラジオ波痩身が電子レンジと似た作用となっていることで、人体への有害性を気になさる人も少なからずいらっしゃいます。電子レンジで温めた食べ物が体に良くないという説もあるので無理もありませんが、このラジオ波痩身機器自体は医療現場でも広く使われている原理を採用しているので、安心して受けることができます。

このようにエステサロンでよく耳にするラジオ波痩身のメリットは、脂肪への働きかけとともに体を温めて代謝をも改善していくという健康にもプラスな痩身施術なのです。


キャブレーション痩身

現在、エステサロンが行なっている施術の中で一番取り入れられているのがキャブレーション機器です。

外国で生まれたエステ技術が多く、外国人との肌質や体質との違いをどうクリアするかが注目されていたなか、フランスで日本人に合わせた痩身方法として開発されたのがキャビテーション痩身機器です。

日本人の体質を徹底して調査・分析し開発されたそのしくみは、さまざまな液体で見られる超音波のうちキャビテーション現象をその原理としています。

超音波とは字のとおり音の振動のことですが、その震えが液体と融合したときに発生する気泡を当てます。このとき気泡が消えていくときに生まれる除去作用を利用して、脂肪細胞にアプローチを掛けていくのです。

施術部位にキャビテーションを与えると、脂肪細胞のなかで気泡が膨らみ、やがて中性脂肪が放出されます。これがリンパ管へと流れこむとやがて自然なかたちで排泄されるというわけです。

メリットとしては、効果を実感しやすい点が挙げられます。
細胞レベルのアプローチを行うため、脂肪の消費率がとても高く、脂肪を溜め込みやすい痩せにくい体質でも手応えがあります。さらに、脂肪細胞の数自体を減少させられるので、リバウンドしにくい体にも導いてくれます。

実際の施術の流れとしては、まずヒートマットと呼ばれるサウナスーツのようなマットに包まれます。発汗作用を後押しできるジェルを事前に塗られるため、想像以上の汗がどんどん出て行きます。

発汗によって体が温まったら、いよいよキャビテーションです。痩せたい部位にターゲットを絞って機器を当てていけば、部分痩せを目指すこともできます。また、キャビテーションの超音波だけでなく高周波やLEDライトとの組み合わせによって効率よく痩身効果をアップさせます。

エステサロンによっては相乗効果を狙って、セルライトバスターと呼ばれるローラートリートメントや低周波や中周波を利用するEMSを併用するところもあります。

いずれにせよ、美脚やウエストラインのスリムアップで定番化しているのがキャブレーション痩身なのです。


痩身効果を高めるためのポイント

este007

痩身エステでダイエットメニューを受けるのはなかなか費用も時間も掛かります。誰しも少しでも早く結果を出したいものでしょう。

エステサロンはプロによる痩身施術が受けられるということで、それだけで半ば成功を手に入れたかのような錯覚に陥りがちです。たしかに美容外科や医学的な観点から監修が重ねられた施術について全幅の信頼を置いてしまうのもわからないではありません。
とはいえ、いくら名医でも患者本人が不摂生を続けていれば完治させることが困難なように、エステサロンによる痩身施術もエステティシャンとの二人三脚で確固とした意識を持つことが大切です。

そのためにまず見なおしてほしいのが、ダイエットを邪魔しているありとあらゆる生活習慣のすべてです。

とくに大切なのはやはり食習慣となります。痩身施術をスタートしてもストレスによるドカ食いや肉や魚など動物性食物のとりすぎを続けていたり、間食に夜食、さらに甘いもののながら食いなど、ダイエットにこれまでつまづいていた人なら誰しも思い当たるであろう見直して改善すべき習慣があるはずです。

野菜中心の食事を心がけたり、白砂糖や人工甘味料を避けてドライフルーツや甘栗といった自然の甘みを取り入れたり、よく噛むことで食べ物自体の甘みを引き出したりして三度の食事で満足できるような胃袋にしていきましょう。

このほか、痩身施術をさらに後押しするには運動を取り入れることも重要です。
1日15分程度のウォーキングからスタートしても脂肪燃焼にはそれなりの効果があると考えられています。

いきなりハードなジョギングやスポーツをやって三日坊主になるよりは、身近で始められるような運動を通して、心地良い汗を流してリンパや血流の流れをよくしてやるだけでもずいぶんと結果に跳ね返ってくるでしょう。

もちろん、プロの手法による痩身施術は膨大なデータによって確かめられた効果を手に入れることはできます。ただできれば、その施術を増幅させられるような生活を取り入れることでいち早く理想とするスタイルに近づけていきましょう。